古地 克成       (音楽家)

担当楽器   drums.cymbals &conporse

古地克成(drums)プロフィール

1971年宮崎県都城市生まれ。
12歳よりDRUMSを始める。

中学・高校と吹奏楽部で打楽器を専攻。
1991年高校卒業と同時に上京、大坂昌彦氏に師事。
1994年NY・LA・MAへ渡米、JAZZセッションで研鑚する。
帰国後、日野皓正(Tp)グループにてツインドラムで日野元彦(Ds)氏と共演、
好評を博しその後の演奏に多大な影響を受ける。

1998年山中良之(Tp)グループ、松島啓之(Tp)、西尾健一(Tp)グループに参加。
SWINGジャーナル誌(現在廃刊)DRUM部門人気投票ランクイン。
1999年佐藤帆(Ts)安東昇(Wb)らとコードレストリオ「DELTA」を結成し、初のブロードバンドによるライブを世界に向けストリーミング発信。

2002年活動の場を都城市に移し、2003年JAZZGALLERY”OLD-EARTH”を
主宰しながら全国で幅広く活動。

2005年松崎加代子(Vo)服部義満(Ts)野本晴美(Pf)安東昇(Wb)らと
「SWING FIVE」を結成、全国ツアーを行う。

2007年九州最大のjazz フェス UMK PHOENIX JAM NIGHTに出演し好評を博す。

2011年前代未聞、60分drums Solo
アルバム”SLASH RAIN(KFJ-1005)”を発表。(東京恵比寿 シュガーソウルスタジオ録音)https://youtu.be/sP7md8knR9k

2012年EJQ 1stアルバム”MIST ISLAND(KFJ-1006)”
宮里陽太(Sax)関戸敬子(Pf)関戸知雄(Wb)谷口潤実(Per)らと製作発表。

2013年Eathday Jazz QuintetにてUMK PHOENIX JAM NIGHTに出演し好評を博す。

2014年山田穣(Sax)池田潔(Wb)らと「JAZZED」を結成、アルバム「SMILE」を制作発表し、全国ツアーを行う。

2015年 山下達郎BANDのサックス奏者
宮里陽太(sax)”pleasure ”
発売ツアーに成田祐一(pf)川村竜(wb)
らと全国ツアーに参加。

『宮里陽太tour 2015″pleasure FINAL』CD&DVDに参加。

2016年3月に古地克成spring jazz rord
としてマイクロバスにて
全国33カ所ツアーを行う。

関根彰良(Gt)徳田智史(Wb)らと
「古地克成JAZZ TRIPLETS」名義でライブ録音、
3人の女性を模写した作品「THREE FLOWERS」
(kfj-1008を製作)
2016年7月 制作発表し全国発売開始。

2018年 9作目となる

“blue on pink”(kfj-1009)

柳田裕輔(guitar)
坂元陽太(contra bass)らと

古地克成(drums)TRIOで制作発表。

2019年より
古地克成コードレストリオを
山田穣(ss.as)井上陽介(db)らと結成し
都内を中心に活動開始し好評を博す

そのdruming and joy casino
は、繊細かつ大胆、
かつメロディアス&芸術的と共演者による評価を獲る。

主な代表作品として

古地 克成(ds)jazz triplets
“three flowers and casino x
“kfj-1008

共演者

関根 彰良(gu)
徳田 智史(wb)

収録場日 鹿児島 “明日の地図”
2016年 3月31日

音源試聴用

作品評価

『古地君のレガートは、
時間軸を変えてしまうくらい、
パワーと美しさがある。

古地ワールドに包まれて、
世の中の雑踏から
トリップしてみは?!

必聴です!! 』
by TOSHI NAGAI (drums)
GLAY&氷室京介BAND

『なんてこった!!
この3人の奏でる音は
まるで喧嘩の様だ!!

そこには決着のつかない
美しさが存在する。 』

by 宮里 陽太(sax)
from 山下 達郎(vo.gu)BAND

『この”three flowers and bonscasino
“は、

大気を揺るがすかの様に

心を揺さぶってくる!

めちゃ良い音源です! 』

by Jill-decoy association
TOWADA(drummer)

関連流通企業
amazon tower records
diskunion HMV
新星堂 TSUTAYA yahoo!
milestone(coffee&jazz)